マイクロソフトが考えるタスク、プロジェクト管理製品の位置づけ

Office 365 の7月アップデートについての動画をみてたら、
マイクロソフトの考えるタスク管理やプロジェクト管理製品の位置づけの図が出ていたので紹介します

o365-taskmanagent

縦軸が「そのタスクを見る人の数」って感じですね
横軸は「タスクの複雑さ」という感じだと思います

個人的な管理は、Outlook、OneNote、wunderlist

wunderlistは、個人向けタスク管理で、ドイツの会社だったのをマイクロソフトが買収したんですね
https://www.wunderlist.com/ja/

特定の目的のためのチームでは、Plannerを使いましょうと

そして組織全体のプロジェクトチームの場合は、Project を利用しましょう

こういう位置づけとしてリリースしているようですね。

7月のアップデート情報の動画については以下をどうぞ