個人的に「こうしたほうがいいんじゃないかな」と思うことをまとめていこうと思います。もちろん個人的感覚なので、これが通じない環境もあるでしょうし、社内の合意形成ができていて問題なければこれに従う必要はありません。

このページは常に追記をしていこうと思っているので、最初はほぼ空っぽですw

効率的で合理的な仕事環境を目指す

テレワーク/リモートワークは COVID-19 の影響下とはいえ、元々その流れがありました。ようやく日本にも「ITを使って効率的に仕事をしよう」という流れがIT業界から徐々に始まったタイミングで強制的に在宅勤務が始まって慌ててIT以外の業界にも在宅勤務のためのIT投資が始まった感じですね。

この話題は世間一般には新しいチャレンジです、なのでできるだけ旧来の仕事のやり方を踏襲しつつ合わせようとしたり、既存のマナーを当てはめて理解を深めようと努力しています。

しかし、一部の先進的な仕事をこれまでもやってきた人たちや、この分野が得意なIT業界(の一部の口の悪い人たち)は「こんなのこともできないのかよ」とSNS等で揶揄しています。

双方の立場からの物言いのギャップこそが、「マナー」「ハラスメント」の問題につながっているのかなと私は考えています。

前置きが長くなりましたが「快適な在宅勤務環境を整える」ためにどんな準備が必要で、どんな行動を心がければよいか?を考えてみたいと思います。

物理的環境を整える

高速なインターネット回線

これは必須ですね。パソコンにそれほど興味のない人が多くいらっしゃるので「自宅にはモバイルwifi もしくはスマホしかないよ」という方が意外と多いです。これではカメラ映像をオンにした場合にモバイル回線では、会議が落ちたり音声が途切れることもあります。逆に「音声が途切れる?映像がカクカクする?」と思ったら、カメラやマイクをオフにして、それでも改善しない場合は高速なインターネット回線を準備するようにしたいです。

ライト大事!

おっさんでもライト大事です(笑)

スマホやデジカメで撮影する時と同じです。逆光にならないようにしましょう。

おそらく部屋全体の光量を落として、カメラ後方からの光を強くすると良いのだと思いますが、そこまで準備ができるわけじゃないですが、最近は 女優ライト とかで検索すると良さそうなライトがたくさんあるので、これらを設置してみるのもよいかと思います。

マナー(笑)

以下、ネットで見かけたあり得ない(と私が思う)無駄マナーを 晒す ストックしておきます。

  • 上司たちがWeb会議を退出するまで、部下は待たなければいけない(笑)

ハラスメント

マナーと非常に関係しています。マナーも押し付ければハラスメントです。

  • 業務に堪えない業務端末での業務を強いる
  • ネットワーク切断が起こることを馬鹿にする
  • 業務上必要のない、二人きりの会議を強要する

以下、ネットで見かけた論外なハラスメント

  • ネットワーク切断に対して「自宅に物理回線が無くてスマホだけとかあり得ない」
  • webカメラに映るプライベート空間(その人の容姿、生活感、同居人など)について話題にする
  • 威圧的な態度を取る
  • 性的な発言、チャット、画像の共有