PowerShell で Office 365 に接続するときのおまじない

過去に接続手順をメモしておいたのですが、より簡単になっていたので再度メモ

新規パソコンで1度だけ実行

PowerShell (ISEでも可)を管理者で実行

Install-Module MSOnline [Enter]

NuGet プロバイダのインストール確認で[Yes]

ほかにもモジュールインストールを確認されるので[Yes]

以後、PowerShell(ISE)起動時に実行(MS Online へ接続)

$UserCredential = Get-Credential
Connect-MsolService -Credential $UserCredential
Install-Module MSOnline

以上。あとは Get-MsolDomain とか実行するとMSOnlineのコマンドが実行できます。

各サービスへの接続

SPO接続

Import-Module Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell -DisableNameChecking
Connect-SPOService -Url https://[テナント名]-admin.sharepoint.com -credential $msolcred

Skype

Import-Module SkypeOnlineConnector
$sfboSession = New-CsOnlineSession -Credential $msolcred
Import-PSSession $sfboSession

Exchange

$exchangeSession = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell -Credential $credential -Authentication “Basic” -AllowRedirection

Import-PSSession $exchangeSession

Microsoft Teams

Import-Module MicrosoftTeams
Connect-MicrosoftTeams

モジュールのインストール

上記は過去にそのPCに各種モジュールをインストールしていた場合。もしセットアップ直後のPCなど新規で接続するときは各コマンドで Import しているモジュールを先にインストールします。[管理者として実行]するのを忘れずに!

過去にモジュールがインストール済みで、新しいモジュールをインストールしたい場合は下記コマンドの後ろに -Force を指定すると最新バージョンを適用できます。

SharePoint
 Install-Module -Name Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell

Skype for Business
 Install-Module -Name SkypeOnlineConnector

Teams
 Install-Module -Name MicrosoftTeams