Docs.com の公開設定を変更する

Docs.com を Office 365 アカウントで利用することが出来ますが、公開範囲が公開になっていないか注意しておきましょう。

組織全体での設定

全体の設定は、Office 365 Admin center の
設定 → サービスとアドイン → Docs.com に項目があります。

 

組織で公開設定可能な場合の個人での設定

各ドキュメント単位での公開範囲は、ドキュメントをアップロードした時に設定できます。

  • Webで公開する
    • 普通にインターネット検索でヒットしますし、Docs.com上でも、もちろん検索の対象になります。他人に見られる可能性があります
  • 限定
    • リンクを知っているユーザーのみが閲覧可能です。
      特定の人にメールでURLを送れば組織外の人にも見てもらうことが出来ます。
      反面、そのメールを転送されたら誰でも見ることが出来ます。
  • 組織
    • 同じ組織のOffice 365 ユーザーのみ閲覧することが出来ます。

「閲覧できるユーザー」の設定で「組織」に設定しましょう。

所感

基本的にはDocs.comで公開設定する必要は無いと思います。
組織アカウント(Office 365 アカウント)で作成されたDocs.comのドキュメントは社内だけで十分でしょう。
もし、ドキュメントを外部に公開したいときは、SharePoint の外部共有でメールアドレスをしていた特定の人にだけ公開するのが良いと思います。

Docs.com が有効なのは、個人が資料を公開する場合に使うといいのではないでしょうか。
閲覧回数などのアクセス分析が可能ですから(OneDriveやSharePointでは、わかりやすいの出ませんからね)