POP,IMAP を禁止にする方法

さまざまな事情はあると思いますが、Office 365 のメールに対する接続をExchangeに限定する(POPやIMAPの接続を禁止する)方法です。

これにより社内で利用するメールクライアントソフトの統一に役立つでしょう。

POPやIMAPのDNS設定はすべてのOffice365ユーザーで同じなので、これを停止することができません。
代わりにPOPやIMAPのアクセスをユーザー単位で禁止にします。

設定状況の確認

Get-CASMailbox -Identity [ユーザー名]

-Identity オプションなしだとすべてのメールボックスを参照できます。
リソースメールボックスも対象になるので、会議室を指定するとこんな感じ
(実際にはユーザー名を指定します)

PopEnabled と ImapEnabled が該当するプロパティなので、False に変更します。

Set-CASMailbox -Identity [ユーザー名] -PopEnabled $false -ImapEnabled $false

もういちど、確認コマンドを実行して、 Falseになっている事を確認できればOKです。