予定表の既定のアクセス権限を変更する

Office 365 のユーザーを追加したばかりの場合、予定表の[既定のアクセス権限]は[LimitedDetails(空き時間情報、件名、場所)]です。

このままでは同僚の仕事の予定が見えません。
組織にもよりますが、これを「編集は出来なくてもいいけど、件名や内容をデフォルトで見えるようにしたい」という要望があります。

予定表には「既定のアクセス権限」というものがあり、特に指定しなければこのアクセス権限で他人は参照することになります(組織内ユーザーのことです。組織外ユーザーは別途公開しない限りは見えません)

管理者がPowerShellで「既定のアクセス権」を変更する

※事前にPowerShellでExchenge Online に接続しておいてください

以下のコマンドで現在のユーザーのメールボックスのアクセス権限を表示します

Get-MailboxFolderPermission -Identity "name@contoso.com:\予定表"

コマンドが失敗する時、「予定表」 を「calendar」に変更すると成功するかも。

以下のコマンドで実際にアクセス権限を「参照者」に変更する

Set-MailboxFolderPermission  -Identity "name@contoso.com:\予定表" -User "既定" -AccessRights Reviewer

最後の Reviewer が参照可能 という指定になります。
ちなみにアクセス権限は以下の種類があります。

None

なし

Owner

所有者

PublishingEditor

発行編集者

Editor

編集者

PublishingAuthor

発行作成者

Author

作成者

NonEditingAuthor

非編集作成者

Reviewer

参照者

Contributor

寄稿者

LimitedDetails

空き時間情報、件名、場所

参考リンク

Exchange Online の予定表のアクセス権を PowerShell で変更

複数ユーザーの予定表へのアクセス権限設定を一括で行う

会議室や備品の予定表の詳細情報を見る方法