社員が結婚したので、メールアドレス等を変更する

Office 365 のサインインIDは基本的にはメールアドレスです。

メールアドレスは多くの場合、利用者の姓名を使われています。
名字を採用していることが多いんじゃないでしょうか。
私の場合は、 mokudai とか、 m-mokudai とか。
このIDの名字が変わることは十分にあります。そう結婚(離婚)ですね。

この変更は人生においてとても重要ですし、間違われるのは名字を読み間違えられるように不快なものです。

という訳で、結婚(離婚)した場合に、メールアドレスを変更したいという要望は多いはずです。

 

Office 365 アカウント・メールアドレスの変更方法

対象となるシステムは、Exchange、SharePoint、Skype、yammerなど名前が出ているものはすべてです。

IDはすべて統一で利用しているので、yammer以外はOffice365管理センターから変更できます。

Office 365 の管理センターから、[ユーザー]-[アクティブなユーザー]にて、変更するユーザーを選択して[編集]します。

[詳細]タブにて、名字やメールアドレスを変更します。

mailchg01

変更時に注意事項が出ます。

  • Outlookのスケジュールは更新されますが、「自分が主催者になってるSkype  for Business の会議」は再設定が必要です。
  • サインインIDが変わるので、ブラウザログインはもちろん、Outlook、スマホアプリ、などなどoffice365のIDを使っているところは全て変わります。

公式のサポート情報には「最大24時間」と書かれていますが、テストでやってみた限りではすぐに反映されました。

SharePoint Online の最終更新者等も新しい名前になっています。

yammerアカウントの変更

yammerは自動では変更されません。yammerネットワーク管理者が更新処理をする必要があります。
ユーザー自身で変更することも可能です。

[歯車]-[★ネットワーク管理者]-[ユーザー情報の一括更新]からcsvにてアップロードを行います。

公式のサポート情報では”更新”とか”削除”と日本語になっていますが、私は “update”とか”delete”でやりました。

参考

Office 365 でユーザー名を変更する

Yammer ユーザーの管理 (Yammer 管理者ガイド)